日経225の入れ替え

 

日経225の入れ替えという言葉をよく耳にすると思いますが、この意味は、日経225の225の銘柄というのは、年に少しずつではありますが、入れ替えが行われています。これが日経225の入れ替えと呼ばれるものです。日経225の入れ替えでは、流動性があまりないという銘柄を流動性の高い銘柄に変えて、市場の動きを活発にさせようという目的でおこなわれています。毎年10月1日に日経225の入れ替えは行われていますが、他にも、突発的に銘柄が例えばなくなるとか、何らかのトラブルが生じたときには突然入れ替えが行われるということもあります。
日経225の入れ替えの時に銘柄にはいると、その銘柄の株の価値というのはすぐに上がってしまいますし、逆に日経225の入れ替えで銘柄から外された株というのは価値が一度に下がってしまいます。ですから、日経225取引をしているトレーダーたちや株取引をしている人たちにとっては日経225の入れ替えの銘柄のチェンジはかなり重要な情報ということですね。
では日経225の入れ替えの条件はどうやって決められているのかというと、流動性を一番に考えているのですが、過去5年の売り上げなどを考えて計算がお子会われています。高流動性銘柄群というものがあるのですが、その450銘柄の中から225銘柄が決まっています。

日経225オプション

 

日経225オプションというものがあります。これは日経平均株価を、権利行使日に権利行使価格で買い付けたり売り付けるという権利を売買することを言います。買付はコール、売り付けはプットと呼んでいます。
もっとわかりやすく、具体的に紹介すると、日経225オプションは、11月限権利行使価格が13000円の買付権利の場合には、11月の権利行使日に日経平均株価が、13000円以上をつけていた場合には、権利行使がされるという仕組みです。オプションの買い手というのは日経平均株価の13000円を超過したところの金額をそのまま利益としてもらうことができます。
もしも権利行使日の日経平均株価が、13200円と、最初よりも200円高かった場合には、買った人は、オプション1枚につき20万円ももらえるという計算ですが、売り手の場合には、それとは反対に、20万円も支払うことになりますから、かなりの損害が出ることになるのでかなりハイリスクでもあります。
日経225オプションはこのように、日経平均株価を、権利行使日に、権利行使価格で買い付けたり売り付けることの権利を、売買する取引のことです。初心者にとっては、少し複雑な取引だと感じるかもしれませんが、利益を出しやすく損失も出しやすい取引でもあります。権利行使価格は、その時点での日経平均株価を見て、それに見合った値段が毎回設定されていて、その値段は500円単位で、小刻みに選択可能になっています。証券取引所の株価指数オプション取引について理解しておくといいでしょう。

日経225とレバレッジ

 

レジバッジといえばFXの魅力の一つでもありますが、日経225でもレバレッジを効かせることは可能です。レバレッジをかけて、ハイリターンを望めるのですが、その反面で、かなりハイリスクも背負うことになりますから、その点は理解しておきましょう。資産を50万円持っていて、現物取引をする場合には、投資金額の50万円以上損が出ることはありませんね。そして株の信用取引の場合でも、委託保証金が決められていて、30%に決められていますから、50万円の担保で取引をしていて30%なら、166万円になり、これは単純に計算すれば、3倍レバレッジがきいている計算になりますね。50万円の投資で166万円の取引ができ、それで利益がかなり出ればいいのですが、逆に損をしてしまった場合には、50万円の元金で、166万円の損が出ることになるので注意しましょう。
日経225の取引は、証拠金を基にして、証券会社が、売買に必要な最低証拠金のラインを決めています。例えばその最低証拠金が30パーセンで、15パーセントの最低証拠金が必要であるというような決め方がされている場合には、45万円資金が必要であるということになります。
そして日経225の値段が13000円だった場合には、45万円で1300万円もの取引をしていますから、これを計算すると、29倍のレバレッジでの取引になります。
日経225ではたった10円値段が動いただけでも、1万円単位の利益か損失が出てしまいますから、結局は証拠金よりもハイリターン、ハイリスクがあるということを覚えておきましょう。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク